トラックをたくさん抱えている運送業者様にはぜひ知っておいて戴きたいお話です。排出ガス浄化装置(DPR・DPD・DPF)浄化作動の間隔を広くするエコマックスの常用使用を強くお勧め致します。
↓スマートフォンサイト↓


ホーム排出ガス浄化装置の浄化作動が減る!

エコマックスの常用使用で

排出ガス浄化装置(DPR・DPD・DPF)警告の間隔を広くできる!

浄化作動が減る!!

 

大型車のドライバーさん、

必見です!朗報です!!

DPR・DPD・DPF作動頻発に

お悩みの方へ!

 

 

トラックなどの大型車ドライバーの方ならどなたでもご存じの

「排出ガス浄化装置(DPR)(Diesel Particulate Active Reduction System)」。

自動車メーカーによっては

「PM微粒子除去装置(DPD)(Diesel Particulate Defuser)

「ディーゼル微粒子捕集フィルター(DPF)(Diesel Particulate Filter)」

とも呼ばれます。


ディーゼルエンジンの排気ガスに含まれる粒子状物質や黒煙・有害物質を

フィルターで捕集し除去する装置です。

この装置は、不完全燃焼の微粒排出ガスが機内に残留して目詰まりを起こし、

アッシュが凝固された状態となることで、燃焼装置の交換、マフラー交換

となってしまうことがあるようです。

修理、交換を行うと30万円を超え100万円程度の出費となることもあるということ。

トラックを管理する運送業者の方やバスを運行する会社の経営者様には痛い

出費となることでしょう。

 

一般に、本装置が汚れると警報的なランプが点灯・点滅します。

ドライバーさんは安全な場所に停車して

クリーニングを稼働しなければなりません。

それにはアイドリング回転数を上げるため燃料も消費。

走行できずに停止しながら更に燃料も使用する・・・


なんとも、業務にも環境にも経費的にも痛い話だと思います。


更に、クリーニングの稼働を無碍にして走行し続けると、巨額な出費が待っている。

余りにも痛すぎます。

-------------------------------------------------------------------------

そこで、エコマックスの常用使用をされていれば・・・というお話を。

運送業者様へのインタビュー画像です。

正真正銘!生のお声でございます。(少々音量が小さいので大きくして御覧ください)


まずは動画をご覧ください。

エコマックスでDPR作動無し

 

題名には作動無しとありますが、実際には作動は致します。

残念ではありますがエコマックスでも0にはできません。装置の宿命です。

-------------------------------------------------------


ただし、「DPR・DPD・DPFの浄化警告間隔を広くする」ことには効果があるとの声が

多くのドライバーさんから寄せられています。

クリーニングの間隔を広くする、クリーニングタイミングを遅らせる・・・

色々な捉え方があるかとは思いますが、

 

★無駄なアイドリングが抑制できますね。

燃料の損失を抑えられますね。

環境面に配慮しているドライバーさんとして、企業として胸を張って戴けますね。

走行可能な時間が増えますね。

運送・輸送業務が円滑に行えますね。

 

エコマックスを使用すれば

  上記プラス燃費向上や
燃料経費の節減、有害排出ガスの削減などにもつながり、

    良い事づくめです。

 

トラックやバスをたくさん抱えていらっしゃる会社の方、

このページをご覧戴きましたら、どうかエコマックスの導入を

前向きにご検討ください。

ECOMAX Excellent の業務用大容量缶

4リットルまたは18リットル

もしくはディーゼル車にはうってつけ

軽油用ECOMAX VD

4リットルまたは18リットル

をオススメ致します。

 

 

ps.

排出ガス浄化装置PM微粒子除去装置

運行前の装置点検は必ず実施されるようお願い致します。

交換・修理等は自動車メーカー様等へ、

すでに汚れが目立ったり詰まってしまっている装置の洗浄は

洗浄業者様等へご依頼ください。

それら処置後のエコマックス使用を推奨致します。

<店主>

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス