ECOMAX(エコマックス)の原理と特長をお伝えします。
↓スマートフォンサイト↓


ホームエコマックス原理と特長

エコマックスの原理と特長

 エコマックスは石油燃料の改質剤です。 

 【用途】
 ガソリン(ハイオク・レギュラー)・軽油・灯油・重油に使用できます。

 【製法と理論】
 加工した石油原料と加工した石油ケミカルを混ぜ合わせ更に強力にイオン化
 させたものがエコマックスです。
 石油燃料に少量添加されると、石油燃料の分子が細分化し、表面積が増え、酸素
 と結合しやすくなり燃焼効率が向上します。

 【効果】
 使用を続けると燃焼機器(エンジン・ボイラー等)の状態がよくなり使用燃料の削減
 (15%~30%)、排気ガスの大幅削減(Nox約3分の1減)が見られます。

 【使用方法】
 燃料給油の際に直接添加(毎回)して下さい。(全ての燃焼機器共通)

 初回
  タンク内燃料に対して1000分の1(初回は満タンが計測しやすいです。)

 2回目以降
  給油燃料量に対して2000分の1(給油前でも給油後でも大丈夫です。)

 注意!!

  1. 大型タンクの場合は、ローリー給油前の添加をお願いします。(効果安定に3カ月)
  2. エコマックス添加量が多い場合は効果が一切出ません。適量をお守り下さい。
  3. 徐々に添加量が濃くなってくる場合があります。お気をつけ下さい。

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス